メンズ

ロレックスのオーバーホールは日本ロレックスに頼もう【料金が安い】

ロレックス修理代金の相場

腕時計

ロレックスを修理に出す時

世界に沢山の愛好家がいるロレックスですが、日本ロレックスにおけるオーバーホールの料金の相場がどのようなものになっているのか説明します。まず1955年に東京丸の内にロレックス・サービスが設立され、その25年後に正式に日本ロレックスが設立されました。その日本ロレックスでのオーバーホール料金はモデルによって多少変動します。結論の料金から説明すると40,000円〜60,000円が基本技術料金の相場になっていて、もし部品の交換が必要な場合はこれに部品代が加算されます。予防的な部品の交換もこちらに含まれるのでその分が加算され、それを考えるとおよそ100,000円前後、といったところになります。しかし、日本ロレックスで修理に出す場合多少値が張ってもメリットは沢山あります。およそオーバーホールの期間は一ヶ月程とされ、その間に精密な検査と緻密な作業が含まれます。専用の溶剤で超音波洗浄したり、振動の検査を数日間かけて行われたり、結露発生の検査や水圧検査もこれに含まれます。また、修理に出す事によって二年間の国際保障を受けられます。これは日本ロレックスでオーバーホールしているものに限られ、時計修理業者等で行われているものは含まれません。修理料金は公式の為かかってしまいますが、日本ロレックスでの修理はその後のアフターケアも含まれます。100,000円前後の金額にはなりますが、その分懇切丁寧な対応を受けられます。