メンズ

ロレックスのオーバーホールは日本ロレックスに頼もう【料金が安い】

作業内容も異なります

時計

依頼内容は人それぞれです

ロレックスのオーバーホールは3年を目安に実施するのが良いとされています。このオーバーホールは性能維持にとても重要な役割を果たしますが、依頼者や時計のモデルごとに料金が異なることに疑問を感じている方も多いことでしょう。料金が依頼者やモデルごとに違うのにはもちろん理由があります。まずロレックスの内部機構はモデルごとに大きな違いをもっています。それぞれのモデルは明確な目的をもって開発されているので、ほかのモデルとパーツを共有することが難しいことも少なくありません。そのためそれぞれのモデル専用のパーツを用意して作業は行われるため、モデルごとにオーバーホール料金が異なってくるのです。またオーバーホールの手順や使用する機材もモデルによって変化します。たとえば帯磁性を高めたモデルの場合は専用の機器で性能チェックをする必要があるほか、テンプやゼンマイの精度チェックでは他とは異なる手順も存在します。このようにひとくちにオーバーホールといってもモデルごとにその内容に違いが生じるため、オーバーホール料金は同額とはならないのです。また日本ロレックスでは時計の状態に合わせたオーバーホールを実施しています。ブレスレットやベゼルの研磨などは別途相談できるシステムとなっているのも、オーバーホール料金が依頼者によって変わる理由の一つです。オーバーホールの依頼先は日本ロレックスのサイトからチェックできます。また日本ロレックスのサイトにアクセスすれば作業内容を詳しく調べることができるので、安心して依頼することができます。これからオーバーホールを依頼する方は、日本ロレックスのサイトにアクセスして詳しい作業内容をチェックして依頼してみましょう。