腕時計

ロレックスのオーバーホールは日本ロレックスに頼もう【料金が安い】

ロレックス修理代金の相場

腕時計

日本ロレックスにおけるオーバーホールの料金の相場は、基本技術料金で40,000〜60,000円になります。そこに交換が必要な部品(予防も含む)代金を合わせるとおよそ100,000円前後になります。ただ、その分アフターケアや丁寧な検査が行われるので日本ロレックスでの修理をお勧めします。

正規店と同等の技術で安心

男性

ロレックスは素晴らしい腕時計ですが同時に精密機器ですので定期的なメンテナンスが必要です。日本ロレックスにオーバーホールを依頼すると料金は高くなります。一般の修理店でもロレックス専用のパーツや工具を揃えていて信頼の修理が正規店より低価格で実現します。

多種多様な選択肢

ウォッチ

ニーズに合わせて選べます

ロレックスはスイスの時計ブランドで世界中の方から愛されています。日本では日本ロレックスが中心となって販売からアフターサービスまでを行っており、多くのユーザーの要望に応えています。ロレックスの様な高級時計は定期的に買い替える商品というわけでは無く、定期的にオーバーホールを行って状態を保ち、長い期間使っていくのが一般的です。日本ロレックスにおいてもそう言った観点から3年から4年程度でのオーバーホールを推奨しています。どんなに良い時計でも使用環境によって内部にサビが発生したり、パーツに摩耗箇所が発生したりするのです。日本ロレックスの場合、このオーバーホールにかかる料金は基本4万円から5万円程度となっており、メンテナンス不足でパーツの交換が多くなる場合などはプラスアルファで追加料金がかかってきます。ロレックスの時計は1本、数十万、数百万円するものもあるので、メンテナンスに数万円かかるのは仕方の無い事ですが、このオーバーホールの料金は多くの方に取って、出来るのであれば少しでも安くしたいものです。その様な中でこのオーバーホールの料金を安くする為の方法として有効なのが専門業者への依頼です。専門業者は日本ロレックスへの直依頼と比べて割安な料金設定となっており、価格重視の方に最適となっています。一部、入手不可の純正パーツがあったり、保証期間が短いなど日本ロレックスと比べると差がある部分はありますが、時計の修理に精通した職人が修理、オーバーホールにあたるので、クオリティ面の問題はありません。仕上がりのスピードも日本ロレックス並、あるいは早いケースもあるので有力な選択肢となります。この様にロレックスの時計の修理は選択肢が豊富なので自身の求める方向性にあった場所を選ぶようにしましょう。

作業内容も異なります

時計

世界的にも有名な時計ブランドと言えばロレックスですが、質を保つ為にはオーバーホールが欠かせません。料金は状態によってバラつきがあるので、まずは日本ロレックスに問い合わせてみましょう。